Koroスズキ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【ラーメン探訪】Cセット 十文字屋 in 会津若松
2016123005255508d.jpg

20161230052555a7b.jpg

十文字屋新定番

只見線の後は流れでこちらに。ぼっちゃま曰く、餃子が美味いらしい。
十文字屋といえば、定番は磐梯カツ丼という巨大なソースカツ丼が売りのお店。
まさかの餃子の登場である。今回は餃子とラーメンがセットのCセット950円をオーダー。
流石に餃子だけというのは気が引けたのである。
食べてみて納得。餃子がとにかく美味い。これなら餃子+ライスがイイ。ラーメンは不要である。
餃子だけだと400円。これを2枚にして、ライス200円を組み合わせれば大して値段も変わらずに満足度は最大になるだろう。
度肝を抜くうまさに本当に驚いた。カツ丼より餃子。この店での至言になりそうだ。
スポンサーサイト
【遠征総括】12/18 会津雪中奮闘記
281218地図
>>続きを読む
【ラーメン探訪】つけそば 小金井大勝軒 in 小金井
【ラーメン探訪】つけそば 小金井大勝軒大盛り 830円

定番の大勝軒

府中に仕事で行く際に気になっていた店が有った。小金井大勝軒である。
私は敬虔な大勝軒ファンである。特に東池袋大勝軒はよく通っており、マスターの山岸氏の味は大好きである。
大勝軒はのれん分けの経緯から、正直全店制覇したいとは思わないが、見かけるとついつい入ってしまう。
今回も御多分もれず車で走行中に見かけたために入店。オーダーはやはり基本の「おそば」である。
味の方は正直普通。大勝軒の各店舗と比較しても極めて普通。
私の好みではのれん分け店で最上位は池袋の大勝軒七福。これと比較するとなかなか厳しい。
あの辛みと酸味が混ざった複雑な味が弱いように感じた。
並のラーメン屋よりかは大勝軒を冠するだけあって旨いが、大勝軒の中では割と普通に感じた。
【デカ盛りファイト】あすなろセット あすなろ食堂in白河
あすなろ食堂 あすなろセット 1080円

東北最南端デカ盛り?

わくわくドリーム撮影後、カシオペアを撮るべく即ターン。
用事のために弘前に出て買い物を済ませ、ひたすらアクセルを踏む。
とにかく時間がない上に松尾八幡平以北は雪道。メシなんて食っている余裕はなかった。
カシオペアには宮城県内でどうにか追いつき、リードを広げて福島県内でイメージカットを一発。
撮れたはいいが、朝から何も食べていない。ハラが減って仕方がない。
というわけで、白河界隈でメシ屋を探すとあすなろ食堂というのがあるらしい。
結構この筋では有名らしく、定番はラーメンとカツ丼のセットのあすなろセットというヤツらしい。
古都が食えたので、食いきれないということはないだろう。そんなノリで門戸を叩く。
17時半過ぎの訪問なので、客も少なくすんなり着席。オーダーをして待つこと10分で着丼。
デカい、フルサイズのラーメンとカツ丼がセットで1080円は破格である。
味のなかなかだし、ボリュームは言うことなし。十文字屋のカツ丼よりトータルでは食いごたえがあるかも?
これからよく使うお店に昇格しそうな気配がプンプンする。次は焼肉定食あたりを攻めてみようかな?
【蒼き女王の軌跡 その壱】TDL臨 風穴のコンクリカーブ
【蒼き女王の軌跡】TDL臨 シラジン定番

ファイナル疑惑?

西金工臨を撮影後に向かったのは白沢~陣場だった。
今まで散々583系を写してきているが、雪の風穴は信じられないことに未履修。
風の噂では年末で廃車になるとか?これは行かねばなるまい。
DEを撮影後にドラ割を申し込み白河までSECO走り。
途中で一風呂浴びて白河インターを目指し、それから東北道へ。
あとはひたすらアクセルを踏み続け、白沢の定番アングルに滑り込んだ。
現地はビックリするほど真っ白。これは予想以上である。
予想以上の好条件に思わず気合いが入る。すぐに来た3099レはバッチリの条件で通過。
しかし、それをピークに雪は強くなる一方。背景はどんどん消えてゆき、そのタイミングで583系のご登場。
吹雪く矢立峠、背景はほぼ真っ白のロケーションで駆け抜けていった。
【DML Power】DE10ホキ工臨 玉川村ストレート
【DML Power】DE10ホキ工臨 玉川村ストレート

2エンドに観音扉

土曜日は西金工臨を狙った。冬枯れの山々とはいえ、斜光線の美しい時期。
接近戦で狙うにはベストシーズンであり、冬のべったり光線で編成写真を狙うのが王道だろう。
今回は4両編成での運転との情報を掴んだ。それならばと向かったのは玉川村のストレート。
ココ、地味にむつかしい。変なポールやら看板やらがあって長いとダメなのである。
横に避けてサイドがちならそれでもいいが、私がやりたいのは正面気味の構図。
こいつをメインのペンタ400で決めるのが目的。
既に構える先客を交わして一番線路よりにハイアングルで陣取る。
線路の面が見えるためにはハイアングル以外は考えられない。そこでバケをメインにセット。
ついでのデジも合わせてセットし、余計なものを交わして200mmピッタリ!
さぁ、来やがれ!いつもこの時間に湧いてくるクソ雲も今日はなし。
ベタベタの西日を浴びてDEは駆け抜けた。さぁ、ここから北上。このあとが長かった・・・
【あの頃の485系 その四】ムーンライトえちご 水上駅バルブ
【あの頃の485系 その四】ムーンライトえちご 水上駅バルブ

師走到来 今年の冬はどう転ぶ?

早いものでもう師走である。今年は関東でも11月に雪が降り始めたりと進みが早そうな気配がする。
12月といえば、クリスマス寒波を皮切りに一気に冬に進む印象であるが、手元のアルバムを見返すと09年も少しばかり早かったようである。
2009年12月19日、この日は何を血迷ったのかムーンライトえちごに揺られていた。
まず乗り込んだ時点で引くほど雪がびっしりと屋根にこびりついている。
一抹の不安を抱えつつ、水上駅まで進むと、案の定除雪作業難航による抑止。
結局水上駅に3時間ほど止まり、乗務員室からホームへの出入りが許可された。
その時に写したワンカット。あの頃走っていたあけぼの、北陸、能登、ムーンライトえちごは全て消えた。
雪降る夜の上越国境越えのドキドキ感は過去のものとなった。
【ラーメン探訪】限定煮干ラーメン 麺屋彩香in保谷
20161123 限定煮干ラーメン 750円(鯵少なめ) 彩香

清湯煮干系最強の一杯

私の行きつけの店はいくつかある。
かつてはラーメンマニアの如く年間100杯近く食ったものだった。
その頃に出会って虜になったラーメン店がこの彩香。
いわゆる69系の鶏油系のお店だが、オススメしたいのが煮干。
数々の煮干ラーメンの中でもトップクラス。雑味のない味わいは最強と言えると思う。
是非ともご賞味あれ。
【デカ盛りファイト】もつ炒め定食 光玉母食堂(めししんちゃん)in三島
もつ炒め定食 950円 光玉母食堂(めししんちゃん)in三島

まさかのデカ盛り登場

古都での激戦後は丸一日メシが食えなかった。流石に24時間以上経つと腹が減ってきた。
現在地は三島。近くに定食屋があったので入ってみたのがココだった。
ちょっと高めのプライスに驚きつつも一番食いたいと思ったモツ炒め定食をオーダー。
呑気にケータイを見つつ厨房を見ているとどうにもおかしい。お客の中でモツ炒めをオーダーしているのはオレだけ。
それなのに尋常ではない量が炒められている。オマケにメシもとんでもない量が盛られているではないか。
そして着陸。まさかのデカ盛りである。とりあえず食べてみると驚く程美味い。
モツ炒めは結構食べてきたが一番と言えるような味付けである。量にげんなりしていたが、味のおかげで食いきれた。
今度はマトモなタイミングで食べに来たいお店の一つである。
【あの頃の485系 その参】奥羽本線100周年記念号 及位越え
【あの頃の485系 その参】奥羽本線100周年記念号 及位越え

某プロゆる鉄リスペクト

この奥羽本線100周年記念号の時はひどかった。
この485系につばさの絵、字幕のシールマークが掲示されるとあり大フィーバー。
しかし、見通し不良区間が多いこの線区ではラッパが開きまくり、死ねだのふざんけんな!だのの罵声が飛び交っていた。
極めつけは真室川だかで留置中の485系に登る奇人も現れ、荒れに荒れたとのことである。
私のいたところと往復含めて混んでる場所から少し離れたポイントで狙っていたこともあり仲間だけで平和に写せたのも懐かしい。
絵幕はガッツリかぶりつきで狙い撃ち、返しの字幕は攻めの構図で。某プロお馴染みの前ボケ構図をオマージュしてみた。
この手の構図は要領がつかめず、こればこれで大変な技術なのだと痛感した一日であった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。