Koroスズキ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【チェーンの朝食比較】なか卯 目玉焼き牛小鉢朝定食
なか卯 目玉焼き牛小鉢朝定食

次点のメシはコイツだ

今週もチェーンの朝飯を食ってきた。
店舗数が微妙なことでお馴染みのなか卯である。個人的にはお気に入りランキング2位。
生卵じゃないことがとにかく嬉しい。なにより安いことがイチオシの理由。350円。この値段こそ正義である。
惜しむべきは牛小鉢の味付け。すき焼きっぽく牛丼とは違う味わい。
すき焼きが正直あまり好きでない私にはマイナス評価。すき家と並んでたらすき家に入るかな。
スポンサーサイト
【デカ盛りファイト】ミックスカツと肉だんご汁の定食 古都in入間
ミックスカツと肉団子汁の定食 1180円

デカ盛り総合格闘技

たまに行うデカ盛りファイト。今回は佐渡島から上京してきた大学時代の後輩がきっかけで開催となった。
今回は入間の古都が決戦会場。なんどか訪れているが毎度死にかけている。
なんといってもメシが一人前で3合ほど盛られるのだから気が狂っていると言わざるを得ない。
今回は週替わりサービス品のミックスカツと肉だんご汁の定食 1180円とバトル。
ミックスカツはとんかつ1枚、チキンカツ特大1枚、ハムカツ2枚の合計4枚。
それに肉だんご汁、味噌おでん、小たぬきうどんが付くというクレイジーなラインナップ。
いつもどおり伸びるとヤバいうどんから攻め、30分ほどで全員完食。しばらくカツもメシも食いたくない。
【乗れない電車の魅力】 吾妻線霜切り列車 祖母島築堤
【乗れない列車の魅力 その壱】吾妻霜切り 祖母島定番

3年越しの雪晴れクモヤ!

先週の木曜日は季節はずれの雪が東京に舞った。
もちろん職場もてんてこ舞いだったが、それ以上に気になっていたのが群馬の状況だった。
翌日は元々休暇の予定で、東浜の試雪に出向くはずだった。ところが、降雪対応で残業がほぼ確定。
こうなれば休みである明日は近くに展開するしかない。そうなれば吾妻線のクモヤに出向くのがほぼ必然である。
当日は4時過ぎに家を出て北上開始。6時頃に祖母島に乗り込むと脇道はカチンコチンに凍結中。
ジオランダーに履き替えた我がジムニーは難なく急坂を下りきり、定番の立ち位置に一番乗りで陣取った。
二番目にいらした方と相談しつつ立ち位置を吟味すると、続いて現れたのがMさん。
ここぞ!という時にお会いする達人の方であり、この方がいらしたということはVはほぼ確定である。
セッティングを済ませているとアークを輝かせる始発電車が滑り込み、そこから大量の学生と思しき軍団が降りてくる。
これが誠に厄介で、画角に入るところをウロウロしてみたり、脚立に上ってみたりとウザくてかなわない。
案の定、通過10分前に画角内に入り込むバカ2名が現れMさん怒りの「入る」コールが飛ぶ。
チンタラ撤収する奴らを急かして、通過5分前に舞台は整った。
鉄橋を渡ると嫌がらせのごとくフル加速を始めるクモヤをバケとデジの二丁で切り取った。
【チェーンの朝食比較】すき家 まぜのっけご飯朝食
20161123112925286.jpg

私選定番朝食

先日は松屋のメニューを高級系と評した。
じゃあ何だったらリーズナブルなんだよ?と言われるだろう。
その答えがコレだ。
別にすき家が気に入ってるわけじゃないし、昼にすき家に入るなんてまずない。
でも、朝はコレが一番である。並盛りなら320円。
この内容で320円はなかなか嬉しい値段設定である。
味の方は予想通り。生卵が好きじゃない私には温泉たまごも高ポイントである。
今週もすき家に朝メシ食いに行きたい。
【あの頃の485系 その弐】あいづライナー2号中山宿俯瞰
【あの頃の485系 その弐】あいづライナー2号中山宿俯瞰

秋色全開

このアングルも末期には随分有名になったようだが、最初は本当に誰もいなかった。
定番のルートすら広まっていなかった頃、ガレ場を直登してこの場所まで這って登ったもんである。
つい出来心で仲間たちと前のブログに載せたところ大フィーバー。
末期の485系では満員御礼で鉄塔に登る人まで出たらしい。
この一件から滅多に見かけないアングルは暫く公開しないことにした。
迂闊にブログやホームページ、Twitterに載せる恐ろしさを痛感した一件であった。
【ヨンマリング その壱】常陸大子営業所祭り送り込み 矢祭山俯瞰
【ヨンマリング その壱】営業所まつり送り込み矢祭山俯瞰

マンダーラ 危機一髪

久しぶりに最近の鉄道写真をネットに出した気がする。
13日に水郡線常陸大子営業所で行われるイベントに向け、前日に新津から常陸大子までキハ40が白昼堂々回送されるらしい。
しかも国鉄色指定と来た。コレは行かねばなるまい。
クソ曇天予報の磐西非電化区間は放り投げ、電化区間で一発目。すぐさま追いかけて水郡線内で二発目を・・・
と思ったら一発目は見るも無残な曇天模様で写さず放棄。移動して水郡線内一発勝負にすることにした。
空軍大佐殿、KE70ジャンパ殿と矢祭山をウロつくと直ぐに定番のポイントは見つかった。
が、高度が足りない。これでは俯瞰とはいえねぇよ!との大佐殿の言葉を受けてロケハンスタート。
見渡すといい感じの岩肌丸出しの崖を見つけたので、そこを目指してえっちらおっちら。
登りきると大佐殿も納得の高度であった。すぐに来たキハE130はバリ晴れ。
怪しげな中学生も加わり4人体制で列車を狙うが通過時にまさかのちぎれ雲到来。
もう影落ち待ったなしの状況なので連写で当てずっぽうに切りまくる。
結果はご覧の通りで、なんとか影落なく切り取ることができた。ふぅ~危ねぇ、危ねぇ。
【28.11.12】常陸大子まつり送り込み追走劇
【遠征記録】281112走行マップ

>>続きを読む
【チェーンの朝食比較】松屋 ソーセージッグ定食
松屋 ソーセージエッグ定食 400円

朝食メニューでは高級系?

遠征に出かけると必ずやるのがチェーンのファストフードで朝食探訪。
下手にコンビニでおにぎりと飲み物を買うよりよっぽど安いと思う。
なによりカーマルヨした後に啜る味噌汁は格別なのである。
先日行ったは松屋。オーダーはソーセージエッグ定食400円。
はっきり言おう、高い。400円台は覚悟の選択である。
しかし充実のオカズの数々を見て値段相応かな?とは思った。
ウマイが高い。恒常的に食うのは厳しいが、たまの贅沢にはもってこいだろう。
【あの頃の485系 その壱】北越8号鯨波Sカーブ
【あの頃の485系 その壱】北越8号鯨波Sカーブ

「あの頃の485系」 一発目は鯨波!

この頃の私は若かった。狂ったように通った信越海線。
アルバムを見返すと月に4~8日は信越海栓で485系を狙っていたらしい。
まさに狂気である。東京の自宅から往復550キロをものともせずに通っていたのだからクレイジーの一言に尽きる。
このポイントもラッパが開いてたり、差し替えでガンダム顔のアイツが来たり、地平線の雲にやられたりと随分手こずった。
結局5回目にしてようやくマトモなカットを得て合格。この時もド平日ということもあり写していたのは俺一人だけだった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。